アトピーの保湿ケア

アトピー肌は角質層のバリア機能が低下しています。バリア機能が低下することでアレルゲンが侵入し、かゆみや炎症が発生します。
角質層のバリア機能を改善するには角質細胞間脂質と肌表面の皮脂を補充する事が重要です。

 

 

角質細胞間脂質はセラミドで補給することができます。セラミドを補給することで肌水分の保持と外部刺激の侵入を防ぐ事が可能です。
皮脂の補給にはワセリン、スクワラン、ホホバオイル、馬油などがおすすめです。

 

 

肌のバリア機能と皮脂成分の補給がアトピー対策には大切で、
アトピー肌は肌表面をカバーし、アレルゲンの侵入を防止するためには皮脂とセラミドが不足しています。
アトピー肌は保湿することで慢性的に不足しているセラミドや皮脂を改善することで乾燥や炎症を抑制します。

 

 

 

 

肌表面の皮脂不足を改善するためにおすすめなのが馬油などのオイルの使用です。
馬油は皮脂と近い成分の為、肌に優しく、アトピー肌にもおすすめです。また馬油には抗菌、抗酸化、血行促進作用もあります。

 

 

 

アトピーは角質層の水分が不足しており、つねに敏感な状態担っています。
皮脂膜が十分でないため、外部刺激を受けやすくなります。その結果、知覚神経が反応してかゆみがでます。

 

敏感肌、アトピー肌のクレンジング、洗顔では刺激を与えない事が最も大切です。
クレンジングは油分の少ないリキッドがおすすめです。なるべく早く終わらせるようにし、すすぎはぬるま湯で行います。

 

 

 

洗顔は香料、着色料、保存料、石油系合成界面活性剤などが無添加のタイプを選びます。
刺激が強いと角質層にダメージを受けて炎症がでやすくなります。植物性オイルや馬油などの成分を使った石鹸がおすすめです。

 

 

あとはしっかり泡をたて、手のひらで円を描くように洗います。ゴシゴシこすることなく、ぬるめのお湯でしっかりすすぎます。
40度以上になると皮脂が溶けやすくなります。クレンジングと洗顔が終わったら、なるべく早くセラミド配合の化粧水や美容液でしっかり保湿をします。

アトピーのスキンケア

アトピーでは保湿が大事です。
アトピー肌は肌のバリア機能が乱れ、つねに外部刺激にさらされた状態になっています。

 

そのためアレルゲンなどの外部刺激が入りやすくなり、痒みや炎症が出てしまいます。
痒みによって肌をかいてしまうと、皮膚の表面が傷ついてさらに刺激を受けるという悪循環になります。

 

 

そこでセラミド配合の化粧品や植物性油分の保湿クリームで肌表面をしっかりカバーします。
外部刺激をブロックすることで肌荒れは改善されてよくなります。

 

 

腕や背中などの炎症がひどいところにはステロイドなどの薬をぬるのが先決ですが、
状態が改善してきたらワセリンなどのクリームを塗ってカバーするのがおすすめです。

 

 

少しでも肌がカサカサしてきたらセラミド化粧品や植物性オイルのクリームなどで
外部刺激をしっかりカバーする事がアトピーの予防になります。

 

 

冬は湿度が低いため、特にアトピーの炎症がでやすくなります。
エアコンなどを入れていると、湿度が下がるために肌がカサカサになり、痒みがでます。
加湿器などを用意してなるべく乾燥しない環境にすることも大切です。

 

角質層のバリア機能や皮脂の分泌が足りないことで発生する外部刺激を改善するためには
保湿には皮脂と角質細胞間脂質(セラミド)、天然保湿因子(NMF)が必要です。

 

 

 

年齢と共にセラミドの産生量は減少するため、セラミド配合の化粧品を使用します。
セラミド不足はバリア機能の乱れを引き起こし、アレルゲンなどの外部刺激が侵入しやすくなります。

 

 

アトピーの保湿でセラミドはとても重要です。セラミドは角質細胞の隙間を埋める脂質で、肌水分の蒸発や外部刺激の侵入を抑えます。

 

 

アトピー肌の炎症対策

アトピーや敏感肌では洗顔料選びも大事です。
刺激のある石油系合成界面活性剤を使った石鹸は洗浄力が強すぎるために角質が剥がれ、
皮膚に炎症ができやすくなります。

 

 

アトピー、敏感肌の場合、石鹸はしっかり泡立てる事が大事です。
皮脂を落としすぎる事なく、汚れだけを吸着させて優しく洗います。
お湯はぬるま湯にすることで皮脂を溶かさないようにすることも大切です。
体を洗う時はナイロンタオルを使わずに、低刺激飲む添加石鹸を泡立てて、そのまま体の上を手で洗うようにします。

 

 

米ぬかを使った石鹸や馬油、ホホバオイル、シアバターを使った肌に優しい洗顔石鹸がアトピー肌には最適です。
薬などを塗ってもアトピー症状が出る場合は塩素除去シャワーヘッドを使ってみるのもおすすめです。

 

 

 

 

アトピー肌にはセラミド以外にも油分を配合したクリーム、オイルを塗る事が効果的です。
油分のクリームは角質層の上をカバーする事でアレルゲンの侵入を防ぎます。

 

 

油分はワセリン、ホホバオイルなどの植物性オイルです。ワセリンの中でも人気なのはサンホワイトです。
刺激が少ないため、赤ちゃんから大人まで幅広く使えます。ただ塗りすぎると油分が増えすぎて炎症になるので、少量をしっかり伸ばすようにします。

 

 

アトピーのカユミ、炎症があまりにも酷い場合はステロイドを使うのはしょうがいないのですが、
妊娠中などは皮膚科でヒルドイドソフト軟膏を処方してもらい塗っています。その他には飲み薬で炎症を抑える方法もあります。

 

 

 

大人のアトピーはダニアレルギーがほとんどです。
空気中にも存在し、掃除や空気清浄機でも完全に避ける事はできませせん。
その他にペットや食品などがアレルゲンになっている人もいます。

 

 

皮膚科では抗アレルギー作用のある飲み薬、ステロイドの塗り薬、保湿用の軟膏(ワセリン)などが処方されます。
乾燥している部分には保湿剤を塗り、炎症を起こしているところにはステロイドを塗ります。

 

石鹸は低刺激、衣服も綿のタイプにする事も重要です。あとは洗剤によっては炎症の原因になりるので、選択のすすぎもしっかりすることが大切です。

 

 

乾燥肌化粧水ランキング【保湿対策に最適な化粧品はコレ!】
乾燥肌におすすめの化粧水を紹介。セラミド配合の化粧水を中心に、乾燥肌におすすめの化粧水の特徴、効果、体験談をはじめ、悩みや年齢別におすすめの化粧水、乾燥肌対策などを紹介。

更新履歴